税理士の資格を持つ方は、その多くが整理士事務所で勤務をしており、ある程度の実績を積んだ後には独立をして事務所を開設する方も少なくはありません。税理士事務所の場合は複数名の社員が在籍しており、それぞれが事務所側で受注をした仕事をこなすという流れになります。事務所に所属していることに疲れを感じたり、プロフェッショナル集団の一員にはなりますが、ハードなスケジュールを強いられている方は、税理士転職を目指す方も実在しています。能力の高い仕業に分類されるので転職先でも優遇されることは多いのですが税理士転職を検討した際には、それまで勤務してきた事務所ではなく、一般企業からの募集を探すこともメリットを感じる方も多く存在しています。

一般企業では自社内に税理士を在籍することで、法律に順守しながらも損益を出さない利益の確保ができるので、実際に募集をしている会社は沢山あります。税理士転職で一般企業を選択することのメリットは、社内では専門分野として仕事をするので、同職が集まる事務所よりもゆとりのある仕事を行えます。更に一般企業の場合は、会社が定めた休日を取得することができるので、プライベートを充実させることもできます。雇う企業側でも当然ながら損失を出さずに税務処理を担当してもらえることや、事務所に委託をして定期的に仕事を行ってもらうよりも、企業内部の事情の全てを確認してもらえるので、企業の利益を高めることにも役立ちます。

本来であれば経費で処理できる部分をマイナスとしてしまったり、節税方法が分からずに知らぬ間に損をしている部分も全てクリアできるので、税理士転職では民間企業で専属で仕事をする方法も推奨できます。