税理士転職を実現させるには、当たり前ですが税理士の資格を取得しておく必要があります。資格をもっていないと税理士と名乗ることができません。税理士試験は数ある国家資格のなかでもかなり難しい部類に入るもので、挫折してしまう人もけっこういます。ただ、税理士試験は科目合格制度があるので、1回の試験ですべての科目に合格しなければいけないというわけではありません。

何年かかってもいいので5科目合格すればOKです。一発勝負の弁護士や公認会計士の試験に比べれば、合格しやすいといえるかもしれません。しかし、ダラダラといつまでも勉強をしていると、やはりモチベーションが下がってきてしまいます。一度モチベーションが下がってしまうと、再び上げるのは難しいです。

のんびりやっていると、いつの間にか試験勉強の道からフェードアウトしてしまう事も少なくありません。税理士転職を本気で目指すなら、「3年以内に合格する」というような感じで、短期間でケリをつけるつもりでやった方がいいでしょう。税理士試験に合格してしまえば、税理士転職はわりと簡単です。税理士資格を保有しているということであれば、会計事務所への就職もかなり有利になります。

税理士転職を考える人の中には、独立して一国一城の主になることを夢見ている人も多いでしょう。しかし一国一城の主になるのはそう簡単なことではありません。経営者としての手腕・センスが求められるので、資格があれば誰でも独立できるほど甘くないということは覚悟しておきましょう。税理士転職のことならこちら