税理士転職を考えている人は意外と多いです。税金のプロフェッショナルということで、とても知的でカッコいいイメージがあり、税理士になりたいと勉強に励んでいる方はたくさんいます。税理士転職を夢見て努力をするのはいいことですが、しかし自分が税理士に向いているのかどうか、ちゃんと分析しておくのも大事です。特に将来独立して自分の事務所を構えるということを視野に入れての税理士転職の場合は、自分に適性があるかどうかをしっかり見極めておかないといけません。

資格を取得して税理士として独立したけど、上手く経営が軌道に乗らずにすぐに廃業してしまったという人もけっこう多いのが現実です。税理士業界はすでに飽和状態ですから、新たに独立開業して成功するというのは、そんなに優しいことではありません。税理士に向いている人というと、まず計算が得意であることをイメージする人が多いです。確かに計算が得意で数字に強いことは税理士として必要ですが、それだけでは独立税理士としてはダメです。

有能な税理士というのは、クライアントの企業などに対して、適切な経営アドバイスができる必要があります。正確な会計処理にプラスして、クライアント企業の売上をよりアップできるようにコンサルティングができる税理士は、ひっぱりだこになり大成功すること間違いありません。それから、コミュニケーションスキルも非常に重要です。税理士はなかば接客業で、計算だけしていればいいというわけではないです。

このへんをしっかり考慮して税理士転職するかどうか検討しましょう。税理士転職のことならこちら