税理士転職をすることで、現在とは異なる領域での活躍も可能です。税理士と言えば税務代行や相談などをイメージしますが、その知識を活かして一般の企業の経理部やコンサルティング会社などで人材を募集していることがあります。税理士転職の求人は経験や知識を必要としているところの募集であるため、好待遇の求人も多いです。より高収入を目指したい場合や今やっていることと違う仕事をしてみたいという方におすすめです。

税理士転職をするうえで気を付けたいことは、イメージと合う求人を探す必要性です。好条件であっても雰囲気や業務内容が自分と合っていないと長続きしません。特に、他分野に進出しようという場合には注意が必要になります。税理士の国家試験には必須の科目以外に選択科目があります。

そして、自分が選択していない科目については得意でない方も多いです。逆に言うと、合格している場合はその分野に関する高度な知識を持っていることが証明されています。これは、税理士転職においても関係してきます。例えば、法人税法や消費税法などの科目に合格している人であれば、企業や法人を顧客に抱える会計法人での採用に有利に働きます。

もちろん、経験も重視されるのでたとえ合格していなかったとしてもその分野での経験が豊富であれば、採用される可能性は高くなるでしょう。後は、いかに自分が優秀な人材であるかをアピールすることが大切なので、自己分析もしっかり行います。