日本には国家資格が色々あり、税理士はそのうちのひとつです。税理士は税務に関する相談から、書類作成や税務代理などを業務としています。一般の人は税理士の業務内容に相当することに詳しい知識がないため、アドバイスを求められたり、相談にのる場合もあり、コンサルタント的な役割も担っています。そんな税理士が転職を考える時、有望とされる新たな職場は会計事務所です。

会計事務所というのは全国の中小企業を支える仕事をしています。全国にある会社のほとんどは中小であり、その数は100万社以上です。これらの会社の会計と税務をサポートするのをはじめ、大企業にも高度なサポートおよびサービスを提供しています。つまり会計事務所は税理士転職にとって魅力的な場であり、その先のステップアップを可能とする選択といえます。

さらに上を目指せば、大企業のクライアントを担当しながら、大きなプロジェクトのメンバーとしても個別案件に参加することも可能です。このようなことは税理士事務所にいた時にはない話で、別件で難易度の高いM&Aに関する事案に関わるというチャンスもあり得ます。では税理士転職を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。以上のような仕事をする場合、求められるのは積極的にクライアントに関わっていける能力です。

きめの細かい的確なサービス精神によって、クライアントが要する答えやサポートを提供できることが大切です。税理士としての能力がしっかりベースにあることは当然で、経理と財務におけるサービス業をいかに充実させられるかが適性となります。会計事務所への税理士転職は、自分にその適性があるかを考えることから始めましょう。クライアントから頼りにされる業務内容のため、積極性・サービス精神・向上心が必要です。