税理士転職を成功させるために知っておきたいことがいくつかあります。その一つに繁忙期と閑散期があり、税理士事務所では年末から5月頃にかけて繁忙期となります。年末には年末調整・法定調書等の業務がありますし、その後は所得税確定申告業務があり、5月頃まで決算法人の申告業務が続くという流れです。この間はどこの事務所でも非常に忙しくなり、6月以降は閑散期に入ります。

繁忙期に入ると業務の引継ぎが不十分であったり、きちんと教えてもらえないこともあるため、できれば6月以降の閑散期に活動するのがお勧めです。応募したいところが見つかったら、何となくコンタクトを取るのではなくて、募集を行っている意味をきちんと考えてから応募をした方が上手くいきます。もし税理士転職が上手くいかないと嘆いているのなら、事務所が欲している人物像に合致していない可能性がありますので、今後はマッチする案件に応募するように心がけなければなりません。気を付けたいのは退職者がたくさん出た後の募集であり、その場合は何らかの理由があると考えざるを得ません。

問題のある事務所かもしれませんので、理想の税理士転職を叶えるのは難しそうです。どのようなペースで働きたいのかも、しっかりと考えておくべき項目です。条件的には理想的でも、忙しすぎてついていけないケースが多々あります。また、得意としている業務を任されないケースもあり、働く環境はとても重要です。

事務所の方針と合うかも気を付けたいポイントです。税理士転職のことならこちら