税理士転職というと、経験者がより良い待遇を求めて新たな職場を探すというイメージが強いのですが、中には未経験から目指す人もいます。専門性の高い仕事であるため、未経験では転職を成功させるのは難しいと思われがちですが、たとえ経験が無くても成功できるチャンスがありますので、諦めずに活動を続けましょう。年齢的な問題はあり、やはり若い世代の方が採用されやすい傾向にあります。事務所によっては経験者だけを雇っていては必要な人材を集められないケースもあるため、案件をまかないきれない位にかかえているところが狙い目です。

小規模の場合には仕事を厳選していることが多いので、スキルの高い人材を求めるのですが、それでも人が集まらなくて未経験者の応募を可としていることがあります。当然のことですが、税理士転職では実務経験が評価されます。会社の経理事務を経験しているだけでも評価されますが、経験がないと可能性がゼロになるわけでもありません。経験がない場合には資格を取得してそれをアピールするのが効果的であり、簿記等の会計分野の関連資格がある人も応募しやすくなります。

気になる年齢条件ですが、未経験からの税理士転職では30台前半までなら需要があります。それ以上になると厳しくなりますので、これまでと違う仕事ではあるが税理士として働きたいと考えるのなら、一日でも早く動くことが大切です。年齢が上がると、科目合格が求められたり関連資格を取得していることが必須になります。