税理士転職を始める人は、情報をリサーチすることから開始します。もちろん試験を受けて合格するのも良いですし、知識を身に付けるために独学で学ぶことも良い方法です。それと同時に確認しておきたいのが、同じように税理士転職を行って失敗した人たちの事例であり、同じような失敗を避けるために次に取るべき行動や考え方を学ぶ必要があります。これまでに多くの人が税理士転職を実践して、成功した人も失敗した人もいるわけですが、失敗から学べることはいろいろとあります。

もっとも多いのが転職する時期を誤ったという声です。あまり経験がなかったり、まったくの未経験であるにも関わらず、年末から5月までの繁忙期に転職活動をしてしまい、入ってから苦労したという人が少なくありません。繁忙期はスタッフが非常に多忙ですので、新しく入ってきた人に教える時間がありません。ですから見よう見まねで業務をこなすことになりますが、慣れない仕事ではスムーズにいかないのも当然です。

その時期を乗り越えられずに再び転職活動を始める人もいるため、経験の浅い人は繁忙期を避ける必要があります。入社後にミスマッチが分かるケースも多々あります。スキル的な面だけでなく、職場の雰囲気に合わない事例も多く、実際に働き始めてからミスマッチに気づいてもすぐには動くことができないため、しばらくは大変です。慣れていくうちに段々と問題が小さくなっていけば良いのですが、ほとんどがその失敗を活かしつつ次の職場を探します。