税理士転職を検討している人の中には、年齢制限があるのかどうか気になっている人も多いかもしれません。

なかには税理士転職は35歳が限界であるという声もあり、心配になっている人も多いことでしょう。結論から言うと、税理士転職において年齢で区切る不採用になるケースはほとんどないと言っても過言ではありません。

 

35歳が限界だと言われているのは、十分にスキルを持っていない、異業種に転職する人に限った場合であり、年齢にふさわしいキャリアや経験が十分にあれば、十分に転職成功が可能です。近年では35歳を超えると難しくなるというような説はだんだんと薄くなってきていて、35歳を過ぎていても十分に転職に成功するケースが増えています。年齢が高すぎるから税理士転職はできないということはありませんが、雇う側からすればスキルや実績、給料や人柄などの相手に求める項目をもとに採用を決定することになる為、必要なスキルを持っている人材であれば、年齢にかかわらず採用する事にもなります。求められる項目のレベルが、年齢に従い上っていくのは事実だとも言えるでしょう。

 

25歳ぐらいまでであれば、ポテンシャルのみを評価してもらえる可能性も大いに考えられます。このようなことから業界未経験者であっても、勉強中や1科目だけ合格しているような状態でも採用される可能性は十分に考えられます。しかし30歳を超えると若手ではなくなり、業界未経験となるとかなり厳しい目線で見られることになります。つまり35歳以上にもなれば、実務経験やマネジメントなどの両方の力を期待されるということです。税理士転職のことならこちら