税理士転職を考えている方にとって気になる点の1つが、どのくらいの給料をもらえるチャンスがあるのかという点です。実際の税理士における募集要項をチェックしてみると、月給で22~30万円というように金額には幅があります。このような幅が生まれる理由の1つが、同じ税理士転職でも個人の経験や能力には差があるからです。資格を持っている場合でも、税理士として働くのが初めての方なら、最初は少なめの給料からのスタートになります。

一方で税理士の経験が豊富な方であれば、経験が評価されてある程度の月給がもらえる状態で仕事が始められます。経験が少ない方の税理士転職の場合、少しでも早く多く稼げるチャンスのある職場で働きたいという方もいるでしょう。そのような場合には、昇給のチャンスがどのくらいあるか確認することが大切です。例えば昇給のチャンスが年に1回の職場もあれば、2回のケースも見られます。

昇給のチャンスが年に2回ある職場のほうが、早く月給が高くなるかもしれません。また税理士転職における収入面を考えるなら、各種手当に関する確認も欠かせません。例えば残業代に対する対応も、職場ごとに異なります。固定残業代の場合もあれば、担当を持っている方は残業代が全額支給されるケースも見られます。

そして交通費も全額支給のところと、定額で1ヶ月当たり1万8千円の場合もあります。家賃補助などが用意されている場合もあるため、月給のみで考えずに税理士転職のお金の問題について考えていくようにしましょう。