会計士転職を目指して活動を行い、無事に入所が決まった場合には、その後の計画を早急に立てなければなりません。決まったらそれで終わりではなく、他に内定している所や面接の予定が入っている所に断りの連絡を入れる必要があります。辞退の連絡を入れるのは気が重いですが、選んでいただいたということを忘れずに誠意を持って伝えることが大切です。直接出向いて辞退する必要はなく、電話で連絡するのが一般的です。

その場合、ただ単に辞退を申し入れるのではなくて、選考をして下さったお礼を伝えると良いでしょう。会計士転職ではいくつかを並行して受けることも珍しくないため、複数から内定をもらった時のことも考えなければなりません。無事に次の職場が決まったのに、在籍している会社で退職が認められないケースもあります。人手不足の業界ですので辞められては困るという思いから認めてもらえないのですが、決意が固いことを伝えて認めてもらうしかありません。

今までお世話になった感謝を述べ、次が決まっていることもしっかりと伝えましょう。慢性的な人手不足が続く職場では、会計士転職を成功させてもなかなか辞められないというケースがよくあります。在籍している会社の退職手続きと、新たに入社する所の入社手続きとを進める必要があり、必要に応じて書類等も用意することになります。忙しく仕事をしている中で対応するのは大変ではありますが、双方に迷惑をかけないようにしっかりとスケジュールを立てて進めたいところです。

会計士転職のことならこちら