会計士転職ではスキルアップやキャリアチェンジ、待遇面の改善等が理由として目立ちますが、実際に働き始めると環境がとても大事であることが分かります。転職活動をする時には求人を出している企業について詳しく調べますが、分かるのはホームページに掲載されている事柄や口コミからの情報であり、あまり知られていないところは口コミも見つからない可能性があります。そうすると、あとは実際に活動を始めてから企業に出向き、直接話を聞いてみるしか手段がありません。書類選考に通過して面接試験に進めば、直接採用担当者から話を聞く機会が与えられます。

その時に話した内容は、採用された場合に入社するかを判断する材料になりますが、担当者の話をそのまま鵜呑みにすることはできません。やはり表向きの情報と実際の状況とでは異なるケースも多いので、信じ切ってしまうと後々後悔します。思い描いていた条件で会計士転職を実現できている人は、企業を見る目も確かです。聞いた内容をそのまま信じるのではなく、裏付けのためにリサーチすることもあります。

企業側は人材不足が深刻で一刻も早く人を補充したいというケースがあり、その場合は良いことを並べて入社してもらおうと考えますが、その話が本当なのかを見極めずに動くのは危険です。見る目を養うためには、会計士転職を始めたら複数の企業を訪問して比較してみるのもお勧めであり、その都度メモを取って情報を整理しておくと判断しやすくなります。