会計士転職を成功させたい時には、理由ごとに適した会計事務所を探す必要があります。よくあるのがスキルアップしたいという理由ですが、スキルアップにも色々な意味合いがあり、キャリアアップを目指すのなら大手の監査法人がピッタリです。大手になると激務でとても忙しいのですが、その分色々な経験ができますので実務経験を積むという面から見ると優秀です。将来のキャリア形成を考える場合でも、人脈作りにプラスになります。

スペシャリストを目指す場合には、希望する分野に特化した事務所を受けます。一般的な会計事務所がマッチするのは、将来的に独立起業したいと考えるケースでの会計士転職であり、一般的なところでは会計業務全般をこなしながら事務所の経営や運営のノウハウまで学べますので、必要な知識を吸収できるのが強みです。専門的な仕事ですのである程度に年齢になったら独立したいと考える人も多いのですが、独立を考え始めた時に事務所の運営のことを何も知らなければ身動きが取れません。大手に入るとそのような部分を経験することが少なく、部分的なことを担うことになります。

忙しすぎる職場で仕事をしてきた人にとって、会計士転職ではワークライフバランスを改善することがとても重要です。この場合は大規模事務所は避けた方が良いのですが、それ以外では職場ごとの考え方を見てみる必要があります。残業を極力しないように環境づくりをしていたり、子育てに優しい職場になっているかは、逐一確かめるしかありません。