会計士転職ではエージェントを利用することも多いのですが、エージェントを利用するのなら本格的に動き始める前がベストです。基本的な情報は伝えておき、いつ頃から動き始めるのかを明確にしておけばスムーズです。12月頃になると知識の豊富な経験者が求められる傾向にありますので、経験の浅い人の会計士転職では避けた方が無難であり、夏ごろなら経験が浅くても採用される可能性があります。繁忙期に運良くスキルの低い人が転職できても、受け入れる側は皆忙しいので教えてもらうことが難しくなります。

多くの人が気になることの一つに、会計士転職の年齢に実質的な上限がありますが、基本的に年齢の上限はありません。ただし、市場の状況によっても求められる層は違ってきますので、活動をするタイミングで状況を調べる必要があります。年齢相応の知識が実務経験がない場合には難しいのですが、年齢相応の経験を持っている場合には転職は可能だとされています。ですから、年齢が高めだからと諦める必要はなく、まずは情報収集をしてみて活動の結果が出るかを予測することが大切です。

独立開業を目指す人の会計士転職では、一般的な会計事務所を選ぶのが良いとされています。一般的な会計事務所の中には独立を支援してくれるところもありますが、その数は多くはありません。会計業務だけでなく事務所の運営まで学べるため、あまり規模の大きくない会計事務所を選ぶのがお勧めであり、アットホームな職場ではこういった要望もフランクに話せます。