会計士は経理のエキスパートですから、どんな職種の企業であっても自分の知識を活かすことができます。一般には公認会計士資格を取得した人は大手監査法人に入所します。公認会計士資格は監査法人へ就職するためのライセンスになっています。会計士転職の道はいくつかあります。

監査法人にこだわらなければ税理士事務所で働くこともできますが、正確に言えば公認会計士の業務と税理士の業務は真逆の関係にありますので、そこが我慢できない人はストレスが溜まるかもしれません。会計士転職で一般企業の経理を選ぶことも可能です。しかし難関の国家資格を取得したプライドがあると、それに見合うだけの年収は得られず、後悔するかもしれません。会計士転職の道として自分で事務所を開く方法がありますが、事務所を開いてもすぐに顧客がつくかどうかはわかりません。

地道な営業をする必要があります。一般の方は公認会計士と税理士の違いがわからないでしょうから、地元の小さな税理士事務所を優先するかもしれません。よほどの人脈と営業能力がないと、公認会計士資格に見合うだけの仕事はこなせないでしょう。会計業務は近い将来ITに取って代わられるという人もいますが、単純な計算業務はそうなるかもしれません。

しかし企業経営に適切なアドバイスをする業務は人間と人間の付き合いが大切です。経理に関す法律に詳しい以外にも人間的に魅力的な会計士は、いつの時代になっても必要とされるはずです。